推しを想って泣く

嵐と2.5次元舞台を追いかけつつ貯金したい独身30代女

まさかの推し変

俳優の推しから心が離れている。
予想外の事態にかなり驚いている。

思えば、バスツアーとバーステーイベントに外れたところから少しずつ嫌になっていたのかもしれない。カレンダーお渡し会にも行けなかった。これは嵐のコンサートと被っていたから仕方ないのだけど。明日から始まる舞台にも、自分のミスで行けなくなってしまった。返金もできないから、多分空席になってしまんだろうな。本当に申し訳ないし、自分自身にも嫌気がさす。

一番大きな原因は、セット売りしてたかと思われた仲良しの俳優の子と全く絡まなくなってしまったからだ。あんなにリプを飛ばし合ったり、プライベートで会った事を報告してくれていたのに、不自然なくらいなくなってしまった。事務所の方針なのだと思うが、そんな事務所にも不信感を抱いている。

私はほんとーーーーにクズオタクなので、転売絶対反対ではないし、お金で解決できないコンテンツに情熱を注げない。舞台が外れたら買ってでも入りたい。人気な舞台にばかり出ていたり、お金で買えないイベントをやっている推しを追いかけることに疲れたのかもしれない。でも日本で一番チケットが取れないと言われている嵐に関しては、死ぬ気で追いかけることが当たり前になっている訳だから、やっぱり心が離れているんだろうな。

これも全てはハイローのせいだ!本当に恐ろしいコンテンツだ…。
元はと言えば俳優の方で知り合った友達から勧められて見始めたのだけど、まさか友達も俳優を離れて三代目に行ってしまうとは思っていなかっただろう。だから何となく言いづらい。舞台やイベントに誘われても、あんまり行く気がしない、とは言えない。しかも三代目のみならずEXILEとSECONDも気になっている。もうLDH沼にズブズブにハマっている。

やっぱり物理的にも頭のキャパ的も、2推しが限界なのかもしれないと思う。今までは嵐と俳優だったけど、今はすっかり嵐と三代目だ。先日知り合った、あんスタと嵐の掛け持ちオタクの方が『頭の切り替えが難しい』と言っていた。私も嵐のコンサート直前までハイローと三代目のことばかり考えていて、頭が切り替えられなくて不安だった。嵐のコンサートに言ったらすぐ切り替わったからよかったけど。

これを書いていたら涙が出てきた…。あんなに好きだった子から心が離れていくのが寂しい。ずっと応援していたい。でももう情熱を注げない。周りとの温度差がつらい。

しばらく三代目も嵐もコンサートがないから、また俳優に戻るかもしれない。いきなり三代目から心離れるかもしれない。もう、分からない。
だから気持ちの赴くまま過ごそうと思う。いま、楽しいと思える事をやるんだ。

グッズ廚にもミニマリストにもなれない

推しのグッズやトブロを集める生活をしばらくやってみたけど、最近疲れてしまった。グッズを手に入れた瞬間は楽しいが、楽しさが持続しないことに気づいた。『なんでこんなに買っちゃったんだろ…』と後悔することもある。

なぜこんなに苦しくなるのかというと、私が断捨離経験者だからだ。

二年前、引っ越しをした。
一人暮らしのボロアパートには、漫画、同人誌、グッズ、フィギュア、服などが結構な量あった。ものが増える度にカラーボックスなどを買い足して収納していた。引っ越しの際、オタクグッズはダンボール10箱以上売った。中学生の頃から集めていた「ONE PIECE」も思い出の少女漫画も思い切って処分した。
服はそのまま新居に持ってきてしまったけど、たまたまネットの記事で読んだミニマリストの考え方に雷に打たれたような衝撃を受け、だいぶ処分した。引っ越す前に知っていれば…と後悔しなくもないがまあ仕方ない。ミニマリストには家具のない部屋で洋服20着くらいで過ごしている人もいるらしい。さすがにそこまでできないが、考え方はだいぶ影響を受けている。いつか大きい家に住みたいとか思わなくなった。

断捨裏のあと、後悔したことはほとんどない。あれ売らなきゃよかった…と後悔した同人誌は数冊あるが、もう手に入らないので仕方ない。なにも困ることがなかったのだ。好きだった漫画のグッズも、熱が冷めればガラクタに見えるから不思議だ。

こういう経験をしているから今の状況が苦しいのだと思う。断捨離やミニマリストの考え方はもちろんオタクとは真逆だ。でもミニマリストに憧れているからグッズ廚にもなれない。心の底からグッズ集めを楽しめない。グッズ集めを続けていたら、お金はなくなり大量のグッズに囲まれた部屋が残る。地獄である。

…と色々考えて今年の嵐ライブツアーのグッズは少し控えよ!と思っていたのにラインナップを見たら色々欲しくなっちゃって困った…。
このグッズもいつかいらなくなると分かっていながら、それでもまったく買わないのは無理なんだろうな。

LDHに落ちたジャニオタが驚いたこと

ついに三代目のライブに行ってきました〜!すっかり落ちた〜!ここまでハマってる自分が面白いです。嵐のときと同じ。ハマると最初からエンジン全開になる私です。だって先週まで「O.R.I.O.N.」「R.Y.U.S.E.I.」しか知らなかったんですよ…。しかも「O.R.I.O.N.」だと思い込んでいた曲は「Summer Madness」という曲だったんですよ…。

嵐にハマったときはジャニーズルールにカルチャーショックを受けましたが、嵐にハマって気づけば5年。ジャニオタ初心者と自称していたのに、この5年ですっかりジャニオタになったようです。三代目にハマってやっと『私ってジャニオタだったんだ!』と自覚したので気づいたことを挙げてみます。ジャニーズと比べると緩くてびっくりなことばかりです。ここで言うジャニーズとは全て『嵐』限定です。他ユニットはもう少し緩いかもしれません。

■WEBに画像が載っている
ジャニーズさん肖像権厳しすぎて、グレーのシルエットを見慣れていました。LDHはもちろん普通に写真が出てます。

■メンバーがSNSをやっている
ツイッター、インスタに私服や私物をアップしていて驚いた。アイドルは私生活の写真とか見せてくれないから新鮮。三代目は現代のファッションアイコンを目指しているらしい。公式モバイルサイトにも動画や日記がたくさん上がっているので、テレビに出ていなくても近況が分かってありがたいです。

■ライブ会場にプレゼントボックスがある
本人にプレゼントを渡せるらしい!シャネルやイブサンローランやラフシモンズを私服で着ている人に何を渡せばいいのか…?と思って調べたら、手作りのメッセージボードを入れている人が多いみたいです。お手紙なら書きたいけどボードはセンスがでるからできないな…。ポストカードでも入れてみようかな?

■ライブグッズの通販がある
ジャニーズさんも通販してほしいけどシステム構築が手間だしサイト運営にお金がかかるからやらないんでしょうか。

■ライブグッズの種類が多すぎる
メンバープロデュース商品とかガチャとか、とにかく多い!値段もバラバラ!

■ライブグッズに肖像アイテムが無い
ブロマイドとかクリアファイルがない!ポスターがあるくらい。アイドルじゃないから当たり前なんでしょうが、ブロマイド好きとしては少し残念。

■ライブチケットのプレイガイド先行がある
ローチケ先行でチケット当たりました。びっくり。嵐はファンクラブに入っていないと応募する権利もありません。ファンクラブ会員でもコンサートに当選するのは数年に一度です。

■ライブでの応援の仕方が違いすぎる
ジャニーズはうちわ、LDHはフラッグ。周りの旗が邪魔でステージが見づらいときがありました。あと後ろの人の旗が頭にバシバシ当たります。

■ライブ中MCがほとんどない
ボーカルの2人はお客さんを煽ったりバンドメンバーの紹介をするので少し喋りますが、パフォーマーはマイクも持ってない!がんちゃんが喋ったのは最後の挨拶だけ…。

比べてみると嵐の方色々厳しいのに、チケットの倍率は高いしファンも途切れないのがすごい。それだけ人気があるってことですね。SNSをやらないのもWEBに画像を出さないのも、ジャニーズのブランド戦略と言うやつでしょうか。やり方が時代錯誤とか色々批判もあるけど、結局好きならついていくしかないから文句言いつつしがみついて行きますよ。毎年アルバムが出てコンサートをやってくれるだけ有り難いです。

新しいジャンルにハマるとルールに驚くけど結局好きだから大抵のことには慣れるんです。私は色んなジャンルを渡ってきているオタクだから順応性は高くなっているかもしれない…。
三代目の現場が終わったら推しの舞台、嵐ツアーと続くのでモードを切り替えて全て楽しみます!あーオタク忙しい!

推しが増えてしまいました

ハイローを見続けていたらがんちゃんにハマり、がんちゃん以外のメンバーも気になりはじめ、三代目にハマる日も近そうな今日この頃…。完全に片足つっこんでます…。ハイローは9回も見た。今週も応援上映行きます。11月11月にはムービー3も控えてる!あー楽しみ。

結局、ジャニーズもLDHD-BOYSも同じだな、と。私は可愛い男の子がわちゃわちゃしている集団が好きで、基本コンビ萌えだから気になるコンビができたらもうダメ。食わず嫌いをやめてみたら、楽しい生活が待っていた。EXILEむり…とか言ってた自分を殴りたい。みんな色黒マッチョだね?とか何で暗闇なのにサングラス?とかなぜ裸ジャケット?とか気になる点はあるのだけど、そういう演出なのね、と言い聞かせて細かいことは気にせず楽しんでます。
去年のライブDVDの単体売り上げ一位が嵐じゃなく三代目で、ものすごくショックだったのに。ポッキーのCMからデビルニノがリストラされて怒ってたのに。今じゃポッキー爆買いですよ。ははは。

私の周りにはLDHアレルギーの人が多く、皆に嫌な顔されるので大きな声で言えないのがつらい。私もそうだったから気持ちは分かります。特にジャニーズとはCDの売り上げではライバルだし共演も絶対ないから、ジャニオタの友達には打ち明けるタイミングを伺ってます。ジュニア担の友達にがんちゃんが気になってるんだよね、とジャブ打ってみたら『EXILE系には行ってほしくない』『ヤンキーの集団だよ?』『ジュニアにハマれば良いのに』と散々な言われ様でした…。悲しい。三代目が好きだなんて言ったらどうなるだろう…。

推しが増えると現場かぶりという問題が起きるのですよね。11月中旬、嵐の札幌公演と推しのカレンダー発売イベントとハイローの舞台挨拶がかぶりそうで怖い。できるだけすべて参加したいけど、何か捨てなければいけないかもしれない…。

舞台関係はファンにちょっと幻滅することがあって距離を置きたい気分です。義務感を捨ててこの瞬間好きなものを追いかけようと思います。オタク楽しい!!

美しく儚い男の子たち

学生の頃は若いアイドルや俳優なんて全く興味がなかった。クラスの女子はみんなジャニーズにハマっていたけど、私は通ってこなかった。小学生のとき、ジャニーズにハマっていないのは私を含めてクラスに三人くらいだった。椎名桔平とか、どちらかと言うと年上の俳優さんが好きだった。大学のときは朝ドラの西島秀俊にハマっていた。
それがどうしたのだろう。大人になってジャニーズにハマり、若い俳優にハマっている。

私は儚いものが好きだ。儚さはとても美しいと感じるからだ。
そして儚いものの一つに『若さ』があると思う。もちろん若くなければ美しくないというわけではない。歳を重ねた彼らを見てみたいと思うし、ずっと応援するつもりだ。それでもいま若い彼らに惹かれるのは、若さ故の輝きに惹かれているからなのかもしれない。自分からは失われて行くだけの、若さというもの。

舞台やコンサートは始まれば必ず終わりが来る。楽しいのは一瞬で、会場を出ればあっという間に日常に戻る。終わるのが嫌で始まる前から終わることを考えて泣いたりする。だからって5時間も6時間も続いたらきっと飽きるし疲れるし、楽しさは半減すると思う。儚いからこそ楽しいのだ。

アイドルも俳優も儚い。AKB総選挙なんて、涙なしでは見られない。順位に一喜一憂する女の子たち。投票したファンの雄叫び。スピーチ。涙。もらい泣きなしでは見られない。
この大勢の女の子の中で、どれくらいの子が夢を叶えられるんだろう。
彼女たちは10年後何をしているんだろう。
芸能界に残っているのは何人なんだろう。
そんなことを考えたら切なくて冷静に見ていられない。

若い彼らを応援するのは楽しいが、常に心の底に覚悟と恐怖を抱えている。いつ、会えなくなる日が来るか分からないのだ。
グループが解散するかもしれない。
急に仕事の方向性が変わるかもしれない。
仕事を干されるかもしれない。
仕事を続けられないようなケガや病気にかかるかもしれない。
芸能界を引退してしまうかもしれない。
カノバレくらいは許せるが、犯罪を犯して社会的に消えるのだけは勘弁してほしい。

美しく、儚い、若い男の子たち。
どうか君たちの輝きが出来るだけ長く続きますように。君たちの夢が叶いますように。
そのために今日も私はお金を使うのだ。

オタクだけどお金を貯めたいから

ハイローを見続けた結果、ハイローじゃなくてがんちゃんにハマってしまいました…。なんてこった。とりあえず植物図鑑と砂の塔とディアシスターを見て、上映中のハイロー新作映画は三回も見ました。うち二回はがんちゃんと黒木さんの挨拶付きの回。生がんちゃんはすっごい可愛かったです…。疲れてたのか笑顔少なめでしたけど。
まだ三代目のライブ関連には手を出していないので、茶の間ファンと言うか顔ファンです…。本当のファンに怒られますね。dビデオでライブ映像を配信してるらしいので、とりあえず加入して見てみようかと思います。

そんな感じで推しが増えると楽しさと引き換えにお金がどんどんなくなります。貯金したいブログと言いつつ前々お金の話をしていないので、私がお金を貯めるためにやっていることを書いてみます。やりたいけど出来ていないことも含みます…。

■家計簿をつける

七年ほど家計簿を付けています。本当は給料の二割くらい貯金したいけど、全然出来ていません!!我慢しすぎるとつらくなる時もあるので、収支がマイナスにならなければいいや、くらいの気持ちでゆるーくやっています。その代わりボーナスは全額貯金します。

■過去作品のDVDは買ったらすぐ売る

推しが昔出た舞台のDVDをいくつか買って見ています。すごく面白かった作品は手元に残しておくこともありますが、大抵は売ります。推し2.5次元舞台に出ていることが多いのですが、私は原作を知らないと買っても繰り返し見ることはないですね。
何回か見たら、友人に借りたつもりで思い切って売る!私はメルカリを利用しています。定価に近い価格で意外と売れます。アマゾンに売っている中古品より高く売れることもしばしば。
最近はdアニメストアで配信している作品も多いので有り難く利用しています。

■舞台で遠征はしない

私は東京近郊に住んでいるので東京公演しか見に行きません。その代わり東京楽日は頑張ってチケットを取ります。地方組の方々は交通費だけですごい出費ですよね…。その点私は恵まれていると思います。

■同じ舞台を観劇するのは二回まで

これは達成率は70パーセントくらい…。過去の経験から、二回以上は全通でもしないと達成感はあまり変わらないような気がします。舞台は生ものなので何回も見たくなりますが我慢。他人のレポを見るとなんでこの回のチケット取らなかったんだろ…って死にたくなるので、公演中はツイッターもほどほどにします。

■ブロマイド以外のグッズはなるべく買わない 

これは全然できていませんね…。トレーディンググッズに振り回されがち。ブロマイドは本人に幾らか入ると聞いたので買っていいことにしています。
グッズは欲しい!と思ったときに買わず、しばらく我慢すると意外と忘れることもあります。あえて買い逃すのも一つの方法ですが、後から欲しくなってオークションとかで落としたこともあるので、難しいですね…。

■定期的にコレクションを手放す

同人誌が大好きなのでどんどん増えてしまうのですが、読み返さないものも多いので半年に一回くらいコレクションを見直して手放しています。あえて一点ずつの査定が出ない『駿河屋』のかんたん買取を利用しています。メルカリでは買い手がつかないグッズや、古い嵐のグッズもまとめて箱に入れて送ります!舞台のチケット一回分くらいになれば大満足。

■つい買いがちなものの情報を断つ

服やアクセサリ―が好きで、好きなブランドやショップのSNSやzozoを頻繁にチェックしていましたが今年に入ってからオタク関係の出費が多くなってきたので、思い切って情報を仕入れることを辞めました。そうすると自然と服飾費の出費が減りました!
欲しい服があったらまず試着。試着してみて少しでも悩んだら買いません。その代わりどうしても欲しかったら少し高くても買っちゃいます。30代の女としてどうなのか…と思うこともありますが、しばらくは手持ちの服でやって行こうと思います。

■飲み会を避ける

お酒が飲めないので飲み会が大嫌いです!居酒屋ってなんであんなに高いの…。できれば全ての飲み会を断りたいけどそんなことできないので、部署の忘年会とか避けられない飲み会だけは出ます!大人なので!


逆にケチらず使うと決めているのはこれ!

■嵐コンサートの遠征費(東京ドームの倍率が高すぎるから遠征が前提)
■美容院代(服や化粧品にお金をあまりかけないので髪くらいはきちんとしたい)
■友人との交際費(ケチな友達とは付き合いたくないと思うから)

嵐も推しの俳優もがんちゃんもなるべく全部追いかけたい。でも推しが増えたらどこか削らなきゃいけない。だからまんべんなくかけるお金を減らす方法でいきます。あとこれ以上推しを増やさないようにするぞ。

2.5次元舞台における『解釈違い』

2.5次元舞台でよく言われる『解釈違い』という言葉があんまり好きじゃありません。
私が原作ファンじゃなくて俳優ファンだからでしょうか。

思えばいままでどっぷりハマった作品ってあまりない。ちょいちょい好きな作品はできるけど、だいたい2年くらいでちょっと落ち着いてしまいます。死ぬほど好きな作品やキャラクターがいないからか、2.5次元舞台のキャラクターに対してこんなの許せない!解釈違いだ!と思ったことってあまりないかもしれません…。この子はちょっとイメージ違うかな?と思っても、最近の2.5次元舞台は交代や卒業制度も多いので次の俳優さんに期待しよう!と割り切っています。ある意味平和で幸せですね。

私は多分、可愛い男の子が頑張ってる姿を見るのが好きなんだと思います。可愛い男の子たちが今まで一生懸命練習して、今日舞台に立っている…と思うだけで涙が出ます。テニミュ最高。
だから俳優を覚えるのは得意ですが、スタッフとか全く詳しくありません!苦手な脚本家とかもあんまりない。というかスタッフを重視してないから意識して見ていません…。強いて言えば、ギャグとシリアスが交互に来たり、シリアスな場面でクスっと笑えるシーンが入るのが苦手かもしれません。どっちかにしてほしい。最初は違和感があったペダステも何回か見ると慣れたし、何より原作者の先生がこれでいいなら、まあいいか…って思ってしまいます。

原作ファンと俳優ファンのいがみ合いを見るのはつらいです。解釈違いだからって俳優さんのSNSにひどいコメントをする原作ファン、俳優ファンは見るなとか堂々と言っちゃう人。2.5次元舞台だって公式が決めたものなんだから、ファンがどうこう言うのっておかしいです。一人一人の解釈なんて気にしていられない。解釈違いだと感じても自分はマイノリティーなんだ…と割り切るしかないです。舞台は見たい人が申し込んで、当たった人が見ればいいんです。

ツイッターをあまり見ないのは、自分と違う意見に影響されたくないからです…。

haaaaa95.hatenablog.com

自分が好きなものは好きを貫きたいし、人の意見に惑わされず作品を楽しみたいのです。