推しを想って泣く

嵐と2.5次元舞台を追いかけつつ貯金したい独身30代女

読み専だった私が初めて同人誌即売会にサークル参加した話

舞台とも推しとも何も関係ない話。
腐ってから20年近く読み専(ROM専)だった私が、先月初めてサークル参加し同人誌を頒布した。売り子をやったことはあれどサークル主としてのイベント参加は初めてで分からないことだらけだったので、経緯と感想などを綴ってみたいと思う。これからイベントに参加する方の参考になれば幸いです。

私は同人誌が大好きだ。イベントに命を懸けていると言っても過言ではない。お釣りが出ないように支払うため、日頃から小銭貯金をしている。サークルチェックは欠かさず、買うものを確認してお釣りが出ないよう小銭を用意する。前日の夜は買い物ルートを繰り返しシミュレーションする。これを人に言うと結構な確率で驚かれる。というか引かれる。そんな真剣な人なかなかいない…と。
私の勤めている会社は特殊で、イベントにサークル参加している人が多い。漫画だったりグッズだったりコスプレ写真集だったり頒布物は様々なのだが、読み専の私に皆口を揃えて『そんなに同人誌が好きなら書けばいいのに』と言う。まず私は全く絵が描けない。中学生くらいまでは落書きや模写をして遊んでいたが、継続する情熱と上達のために練習する根性がなく、絵を書くのをやめた。絵が描けないことを伝えると『絵が描けないなら小説を書けばいいじゃない』とマリーアントワネットみたいなことを言う。だけど小説って言うのは絵が描けないから書くものじゃないと思うのだ。漫画だって小説だって、情熱がある人、書きたい人が描くものだ。絵が描けないから小説っていうのは作家さんたちに失礼だし、私は書きたいんじゃなくて買いたいんだ。そう思っていた。

きっかけはある作品にドはまりしたことだった。それまでは創作意欲なんてまるで湧いてこなかったのに、ある日急にネタが思いついた。そこで小説を書いてみよう!と思い立ち筆を取ってみたが、思い返せば大学の入試試験以来、長文を書いたことがない。まず、導入部分から躓いた。一人称ひとつ取っても、俺、オレ、おれ、と表現は様々だ。小説って奥深い。
うんうん唸りながら2,000字程度の小話を書き上げ、作品投稿SNSにアップしてみた。すると驚くことにいくつか反応があった!いいね(のような機能)がいくつか押されていた!私が書いたものを読んでくれている人がいるんだ…と泣くほど嬉しかったのを覚えている。

それから四か月程で2,000~8,000字程度の話を何本か書き、一本につき50~130程度のいいねを貰えるようになると、ぼんやりと同人誌を出してみたいな~と思うようになった。同僚にも作品を書いてみたことは伝えていたので、折角ならイベントに参加してみたら?と提案された。
しかし問題が一つ。私は何より同人誌を買うことが好きなので、一人で参加するとなると買い物に行けない。イベントでは会場後の一時間が勝負だから、人波が引けてから買い物に行くのでは遅い。しかし私にはオタクの友達がいないため、売り子を頼める人がいない…。
困った私に後輩が手を差し伸べてくれた!なんと売り子を買って出てくれたのだ!しかもお品書きや値札まで用意してくれるという…。ありがたくお願いすることにし、とにかく頒布物がないと話にならないので本を書くことに専念した。

一冊の本にするには何万字も書かなくてはならない。5,000字でもヒイヒイ言いながら書いているのに…と物量を考えると眩暈がしたが、とにかく少しずつ書き続けた。そして書きながら気付いた。『あ、わたし夏休みの宿題を始業式から始めるタイプだった』と…。大人になって宿題から解放されたはずなのに、同じ苦しみを味わっている!しかも今は社会人。仕事から帰って少しずつ書いたり、土日の夜にまとめて書いたり…。世の中の同人作家さんはこんな苦労をしながら作品を仕上げていたのか…と改めて尊敬した。
本文が終わりに近付いてくると、次は表紙に悩んだ。絵は描けないし頼める人もいない。幸いにも仕事でAdobeソフトを扱っており、自宅のおんぼろMacに古いPhotoshopIllustratorが入っていたのでフリー画像とフリーフォントを駆使し、自力でデザインした。正直、仕事より仕上がりの色味を気にした…笑

書いている間はとてつもなく孤独で不安だった。名前も知られていない私の作品を、一体誰が読んでくれるんだろう?と自問しながら書き続けた。ましてや小説だ。漫画と違ってサークルカットを見て、とかフラっと立ち寄って買ってくれる可能性はかなり低いので、コピー本にして10部くらい作る予定だった。
だから部数を決める際にとても困った。『初めて 同人誌 数』などのワードで検索してみたものの、状況は人それぞれで全く参考にならない。そこで私は禁じ手に出た!SNSにサンプルをアップし部数アンケートを行うことにした。すると何と予想以上の反応があった!10部ところじゃない。マジで?ほんとに買ってくれるの?と半信半疑だったが、過去作品にいいねしてくださる方がいたので少しだけ安心した。

今度は製本に困った。いいねの数を信じるならば、コピー本を作るには多すぎる。書いているうちに予定より長い話になったこともあり、印刷所にお世話になることにした。過去に買った同人誌の奥付を参考にしながら、少数から刷れて価格が安めの印刷所を探した結果、ポプルスさんにお願いすることにした。決め手となったのはPP加工が基本セットに入っていることだった。憧れのマットPP仕様にした♡
HPはこちら↓
www.inv.co.jp

当日頒布したものは以下2種。
■オンデマンド本(40P) 50部+α
■コピー本(12P) 15部

オンデマンドの方は、部数アンケートの数字の75%程刷った。当日来られなかったり、いいねを押したけれど買わない人もいると見越した数だったが、これがぴったりだった!人がまばらになった13時頃完売した。コピー本の方はセブンの製本プリントを利用したのだけど、用意した部数が明らかに足りなかった!サンプルを上げたのがギリギリだったので反応があまりなかったのと、もう一冊と違うジャンルだったので弱気になってあまり作らなったのだけど、ほとんどの方が両方買って下さったらしい!開始20分程でなくなってしまった…。
当日は後輩に売り子を任せて買い物に出てしまったのだけど、遠くから売れていく様子を眺めて『ほんとに売れてる…』と嬉しいようなむず痒いような不思議な気持ちになった。

イベント後の感想を少し。
まずSNSをやっていてよかったということ。お陰で殆どの方が中身を見ずに買って行かれたそうだ。SNSを見てピンポイントで来て下さったんだと思う。初参加の小説サークルが本を手に取ってもらうのはかなり難しいから、イベントまでに自分の存在を知ってもらうことが重要だ。
次にもっと早く周りに相談すればよかったということ。何だか恥ずかしくて周りには秘密にしておりイベント後に打ち明けたのだが、印刷所のことなどは慣れている人に聞いた方が早かった。
最後にこれは反省ではなく気づいたことだが、私は感想がなくても平気なタイプだということ。丁寧な感想メールを頂いたのだが、嬉しくもありとても恥ずかしかった!私なんかが考えた話をこんなにも深く読み取ってくれて、なんだか申し訳ないという気持ちが強い。反応がなくても、感想がなくても、私は書き続けられるのだと思う。これは感想がモチベーションというタイプより得だと思う。

ギリギリでコピー本を作ることにしたので前日フラフラになったり、イベント前日になのに2ページしか書けていないという悪夢を見て飛び起きたり、データに不備があったらどうしよう…と妄想したり、当日まで不安がいっぱいだったけどとにかく楽しかった!当日、搬入された自分の本を見て泣きそうになった。実は奥付の日付けを間違っていたり、メールアドレスがハイパーリンクのままになっていたりと、失敗もあったのだけど…。失敗に気づいた瞬間は落ち込んだけど、それより創作の楽しさと達成感が上回った。ほんの7カ月前まで読み専だった自分がここまで情熱を燃やせる作品に出合えたこと、30代でも新しいことに挑戦できたことが何よりも嬉しい!

ここまで経験してもまだ同人作家の自覚はなく、気持ちは読み専のままだ。うわー同人作家みたい!って作家プレイを楽しんでいる感じ。
マイペースに活動していこうと思う。次は10月のイベントに出るか検討中。

時間が足りない

掛け持ちオタクになって深刻な問題に直面した。やりたいことが多すぎて、時間が足りていない。
まず、今追いかけている推しについて。
嵐と三代目(がんちゃん)と俳優の推し。ここに更にEXILE THE SECONDEが(特にTETSUYAさん)が追加された。ライブに2回も行ってしまったし曲もヘビロテである…。また推しを増やしてどうすんだ…。

ここで私の一週間のスケジュールを書き出してみようと思う。

【月曜】
お昼の情報番組(推し俳優レギュラー)
NEWS ZERO(櫻井くんレギュラー)

【火曜】
相葉雅紀のグッと!スポーツ

【水曜】
なし

【木曜】
VS嵐
櫻井・有吉THE夜会
隣の家は青く見える
リピート(好きな俳優さんが出ている)

【金曜】
Eダンスアカデミー(EXILE TETSUYAさんが出ている)
アンナチュラ
相葉雅紀レコメン!
山下健二郎オールナイトニッポン

【土曜】
志村どうぶつ園
嵐にしやがれ

【日曜】
相葉マナブ
RADIO MASH UP橘ケンチさん、XILE TETSUYAさんのラジオ)
99.9 刑事専門弁護士

不定期】
推し俳優のニコ生(月2回程度)
推し俳優のWEBラジオ
ZIP、めざまし、PON!などのワイドショー
CMインデックス(嵐や三代目のCMが特集されることがある)
週間EXILE
Abema TV(SECONDや登坂くんやCRAZY BOYの特集などをよくやっている)
LDH TV(会員制の動画配信アプリ)
LDHモバイル
ジャニーズネット


我ながら多すぎ…。

最近は櫻井くんがオリンピックのスペシャルキャスターとして日テレに出まくっていたからそのチェックも大変だった。今季はいつもに比べてドラマも何本か見ている。3月にはがんちゃんの映画が控えており、宣伝のためラジオやTVや雑誌にわんさか出てる…。見たいアニメもあるし読みたい漫画や同人誌もわんさかあるし、ライブDVDや舞台のDVDも見たいのに、開封していないDVDがどんどん積まれていく。

とにかく時間がない!とてもじゃないが一日24時間じゃ足りない。土日は録画した番組の消化に追われている。LDH TVに至っては月1,000も払っているのにここ2週間くらいチェックできていない…。

とにかくなんとかしなければ…このままではまずい…と嵐の雑誌をチェックするのをやめた。以前はTVガイド、TV LIFEなどを毎週水曜日にチェックしていた。このことを自慢げに後輩に「わたしテレビ誌チェックするのやめたんだ〜!」と言ったら「それって時間短縮になってます…?週30分もかからないですよね?」と言われてハッとした…。確かに時間的にはあまり短縮になってないかもしれないが、心の余裕が全く違うのだ。昨年末から年末年始の雑誌チェックもしていない。これ、嵐ファンなら分かってもらえると思うが、嵐さんの年末年始の雑誌チェックは本当に大変なのだ。表紙を飾る数が尋常じゃないしインタビューも多い。

嵐の番組を編集するのもやめた!以前は好きな所だけ残してディスクに焼いていたのだが、見返さないことに気付いてからはやっていない。一度HDDから消してしまうと意外と忘れる。

ああ、分身したい。できることなら二人に分かれて、一人は家でずっと録画の消化をしていて欲しい。

一度興味を持ったものを、どうやったら嫌いになれるのか教えて欲しい。
掛け持ちオタクの皆さん、一体どうやってるんです?

買い物がとまらない

三代目のライブが終わってしまった。
結局、東京ドーム6回、ライブビューイング5回、LDH TVでオーラス1回、計12回も見てしまった!
今まで大人気舞台とか、嵐のコンサートとか、なかなかチケットが手に入らないものばかり見てきたから、チケットが簡単に手に入って推しに会えると分かっていたら、我慢なんてできないんだよな。

年明けに嵐のコンサートに行ったら、しばらく嵐と三代目の現場はない…。これから、私の気持ちはどこに向かうんだろう。翔さんとがんちゃんの映画があるから、舞台挨拶に行きつつコンサートDVDを見て過ごすんだろうか。

結局俳優の舞台には行けなかったけど、グッズとパンフレットはしっかり買ってしまった…。トレブロと缶バッジを我慢したのは誉めて欲しい。けどDVDを予約してしまった…。イベント参加券応募がついてたから、つい…。
グッズもDVDもいらなくなると分かっててつい買ってしまう。買った後結局メルカリで売ったりしてる。売る為に買ってるんだろうか。グッズやパンフレットやDVDが出ると、買わないと後悔するかもしれないと思って買ってしまうけど結局見る時間もない。というのは言い訳で、本当に見たいものはすぐ見るよね。つまりそんなに興味がないってことだ。

3月から始まる舞台のチケット、三枚も取れてるんだけどどうしよう。そんなに楽しめる自信がない。

我慢ができない。お金を貯めたい。服も欲しい。去年の服がすべてみすぼらしくてまずい。来年から買い物の基準をもう一度見直そう。そしてブログタイトルの通りお金を貯めよう。

まさかの推し変

俳優の推しから心が離れている。
予想外の事態にかなり驚いている。

思えば、バスツアーとバーステーイベントに外れたところから少しずつ嫌になっていたのかもしれない。カレンダーお渡し会にも行けなかった。これは嵐のコンサートと被っていたから仕方ないのだけど。明日から始まる舞台にも、自分のミスで行けなくなってしまった。返金もできないから、多分空席になってしまんだろうな。本当に申し訳ないし、自分自身にも嫌気がさす。

一番大きな原因は、セット売りしてたかと思われた仲良しの俳優の子と全く絡まなくなってしまったからだ。あんなにリプを飛ばし合ったり、プライベートで会った事を報告してくれていたのに、不自然なくらいなくなってしまった。事務所の方針なのだと思うが、そんな事務所にも不信感を抱いている。

私はほんとーーーーにクズオタクなので、転売絶対反対ではないし、お金で解決できないコンテンツに情熱を注げない。舞台が外れたら買ってでも入りたい。人気な舞台にばかり出ていたり、お金で買えないイベントをやっている推しを追いかけることに疲れたのかもしれない。でも日本で一番チケットが取れないと言われている嵐に関しては、死ぬ気で追いかけることが当たり前になっている訳だから、やっぱり心が離れているんだろうな。

これも全てはハイローのせいだ!本当に恐ろしいコンテンツだ…。
元はと言えば俳優の方で知り合った友達から勧められて見始めたのだけど、まさか友達も俳優を離れて三代目に行ってしまうとは思っていなかっただろう。だから何となく言いづらい。舞台やイベントに誘われても、あんまり行く気がしない、とは言えない。しかも三代目のみならずEXILEとSECONDも気になっている。もうLDH沼にズブズブにハマっている。

やっぱり物理的にも頭のキャパ的も、2推しが限界なのかもしれないと思う。今までは嵐と俳優だったけど、今はすっかり嵐と三代目だ。先日知り合った、あんスタと嵐の掛け持ちオタクの方が『頭の切り替えが難しい』と言っていた。私も嵐のコンサート直前までハイローと三代目のことばかり考えていて、頭が切り替えられなくて不安だった。嵐のコンサートに言ったらすぐ切り替わったからよかったけど。

これを書いていたら涙が出てきた…。あんなに好きだった子から心が離れていくのが寂しい。ずっと応援していたい。でももう情熱を注げない。周りとの温度差がつらい。

しばらく三代目も嵐もコンサートがないから、また俳優に戻るかもしれない。いきなり三代目から心離れるかもしれない。もう、分からない。
だから気持ちの赴くまま過ごそうと思う。いま、楽しいと思える事をやるんだ。

グッズ廚にもミニマリストにもなれない

推しのグッズやトブロを集める生活をしばらくやってみたけど、最近疲れてしまった。グッズを手に入れた瞬間は楽しいが、楽しさが持続しないことに気づいた。『なんでこんなに買っちゃったんだろ…』と後悔することもある。

なぜこんなに苦しくなるのかというと、私が断捨離経験者だからだ。

二年前、引っ越しをした。
一人暮らしのボロアパートには、漫画、同人誌、グッズ、フィギュア、服などが結構な量あった。ものが増える度にカラーボックスなどを買い足して収納していた。引っ越しの際、オタクグッズはダンボール10箱以上売った。中学生の頃から集めていた「ONE PIECE」も思い出の少女漫画も思い切って処分した。
服はそのまま新居に持ってきてしまったけど、たまたまネットの記事で読んだミニマリストの考え方に雷に打たれたような衝撃を受け、だいぶ処分した。引っ越す前に知っていれば…と後悔しなくもないがまあ仕方ない。ミニマリストには家具のない部屋で洋服20着くらいで過ごしている人もいるらしい。さすがにそこまでできないが、考え方はだいぶ影響を受けている。いつか大きい家に住みたいとか思わなくなった。

断捨裏のあと、後悔したことはほとんどない。あれ売らなきゃよかった…と後悔した同人誌は数冊あるが、もう手に入らないので仕方ない。なにも困ることがなかったのだ。好きだった漫画のグッズも、熱が冷めればガラクタに見えるから不思議だ。

こういう経験をしているから今の状況が苦しいのだと思う。断捨離やミニマリストの考え方はもちろんオタクとは真逆だ。でもミニマリストに憧れているからグッズ廚にもなれない。心の底からグッズ集めを楽しめない。グッズ集めを続けていたら、お金はなくなり大量のグッズに囲まれた部屋が残る。地獄である。

…と色々考えて今年の嵐ライブツアーのグッズは少し控えよ!と思っていたのにラインナップを見たら色々欲しくなっちゃって困った…。
このグッズもいつかいらなくなると分かっていながら、それでもまったく買わないのは無理なんだろうな。

LDHに落ちたジャニオタが驚いたこと

ついに三代目のライブに行ってきました〜!すっかり落ちた〜!ここまでハマってる自分が面白いです。嵐のときと同じ。ハマると最初からエンジン全開になる私です。だって先週まで「O.R.I.O.N.」「R.Y.U.S.E.I.」しか知らなかったんですよ…。しかも「O.R.I.O.N.」だと思い込んでいた曲は「Summer Madness」という曲だったんですよ…。

嵐にハマったときはジャニーズルールにカルチャーショックを受けましたが、嵐にハマって気づけば5年。ジャニオタ初心者と自称していたのに、この5年ですっかりジャニオタになったようです。三代目にハマってやっと『私ってジャニオタだったんだ!』と自覚したので気づいたことを挙げてみます。ジャニーズと比べると緩くてびっくりなことばかりです。ここで言うジャニーズとは全て『嵐』限定です。他ユニットはもう少し緩いかもしれません。

■WEBに画像が載っている
ジャニーズさん肖像権厳しすぎて、グレーのシルエットを見慣れていました。LDHはもちろん普通に写真が出てます。

■メンバーがSNSをやっている
ツイッター、インスタに私服や私物をアップしていて驚いた。アイドルは私生活の写真とか見せてくれないから新鮮。三代目は現代のファッションアイコンを目指しているらしい。公式モバイルサイトにも動画や日記がたくさん上がっているので、テレビに出ていなくても近況が分かってありがたいです。

■ライブ会場にプレゼントボックスがある
本人にプレゼントを渡せるらしい!シャネルやイブサンローランやラフシモンズを私服で着ている人に何を渡せばいいのか…?と思って調べたら、手作りのメッセージボードを入れている人が多いみたいです。お手紙なら書きたいけどボードはセンスがでるからできないな…。ポストカードでも入れてみようかな?

■ライブグッズの通販がある
ジャニーズさんも通販してほしいけどシステム構築が手間だしサイト運営にお金がかかるからやらないんでしょうか。

■ライブグッズの種類が多すぎる
メンバープロデュース商品とかガチャとか、とにかく多い!値段もバラバラ!

■ライブグッズに肖像アイテムが無い
ブロマイドとかクリアファイルがない!ポスターがあるくらい。アイドルじゃないから当たり前なんでしょうが、ブロマイド好きとしては少し残念。

■ライブチケットのプレイガイド先行がある
ローチケ先行でチケット当たりました。びっくり。嵐はファンクラブに入っていないと応募する権利もありません。ファンクラブ会員でもコンサートに当選するのは数年に一度です。

■ライブでの応援の仕方が違いすぎる
ジャニーズはうちわ、LDHはフラッグ。周りの旗が邪魔でステージが見づらいときがありました。あと後ろの人の旗が頭にバシバシ当たります。

■ライブ中MCがほとんどない
ボーカルの2人はお客さんを煽ったりバンドメンバーの紹介をするので少し喋りますが、パフォーマーはマイクも持ってない!がんちゃんが喋ったのは最後の挨拶だけ…。

比べてみると嵐の方色々厳しいのに、チケットの倍率は高いしファンも途切れないのがすごい。それだけ人気があるってことですね。SNSをやらないのもWEBに画像を出さないのも、ジャニーズのブランド戦略と言うやつでしょうか。やり方が時代錯誤とか色々批判もあるけど、結局好きならついていくしかないから文句言いつつしがみついて行きますよ。毎年アルバムが出てコンサートをやってくれるだけ有り難いです。

新しいジャンルにハマるとルールに驚くけど結局好きだから大抵のことには慣れるんです。私は色んなジャンルを渡ってきているオタクだから順応性は高くなっているかもしれない…。
三代目の現場が終わったら推しの舞台、嵐ツアーと続くのでモードを切り替えて全て楽しみます!あーオタク忙しい!

推しが増えてしまいました

ハイローを見続けていたらがんちゃんにハマり、がんちゃん以外のメンバーも気になりはじめ、三代目にハマる日も近そうな今日この頃…。完全に片足つっこんでます…。ハイローは9回も見た。今週も応援上映行きます。11月11月にはムービー3も控えてる!あー楽しみ。

結局、ジャニーズもLDHD-BOYSも同じだな、と。私は可愛い男の子がわちゃわちゃしている集団が好きで、基本コンビ萌えだから気になるコンビができたらもうダメ。食わず嫌いをやめてみたら、楽しい生活が待っていた。EXILEむり…とか言ってた自分を殴りたい。みんな色黒マッチョだね?とか何で暗闇なのにサングラス?とかなぜ裸ジャケット?とか気になる点はあるのだけど、そういう演出なのね、と言い聞かせて細かいことは気にせず楽しんでます。
去年のライブDVDの単体売り上げ一位が嵐じゃなく三代目で、ものすごくショックだったのに。ポッキーのCMからデビルニノがリストラされて怒ってたのに。今じゃポッキー爆買いですよ。ははは。

私の周りにはLDHアレルギーの人が多く、皆に嫌な顔されるので大きな声で言えないのがつらい。私もそうだったから気持ちは分かります。特にジャニーズとはCDの売り上げではライバルだし共演も絶対ないから、ジャニオタの友達には打ち明けるタイミングを伺ってます。ジュニア担の友達にがんちゃんが気になってるんだよね、とジャブ打ってみたら『EXILE系には行ってほしくない』『ヤンキーの集団だよ?』『ジュニアにハマれば良いのに』と散々な言われ様でした…。悲しい。三代目が好きだなんて言ったらどうなるだろう…。

推しが増えると現場かぶりという問題が起きるのですよね。11月中旬、嵐の札幌公演と推しのカレンダー発売イベントとハイローの舞台挨拶がかぶりそうで怖い。できるだけすべて参加したいけど、何か捨てなければいけないかもしれない…。

舞台関係はファンにちょっと幻滅することがあって距離を置きたい気分です。義務感を捨ててこの瞬間好きなものを追いかけようと思います。オタク楽しい!!